肌との相性から保湿クリームを考える

保湿クリームを選ぶ際はどのような基準で選んでいるでしょうか。

人によっては人気の商品から選ぶ人もいるかも知れないのですが、相性は重要です。

■自分の肌との相性は重要
自分の肌との相性はとても重要です。肌の相性から保湿クリームを選ばないと、いくら人気があり、多くの人にとって良い保湿クリームと言われていたとしても、あなたにとってそのクリームが良いとは限らないのです。ですから、自分にとって本当に肌に良いのかどうかを考えて選ぶ必要があるでしょう。

■自分は本当に脂性?
自分の肌は脂性だと思っている人は本当にそうなのか考えて見てください。もしかするとあなたの肌は脂性なのではなくて、極度の乾燥状態が、裏目に出て脂性になっているだけで本当は乾燥肌なのかもしれません。こういった状態の人をインナードライといいます。この状態の人は脂性だと思っている自分の鼻、頭をしっかりとチェックして見てください。例えば頬がテカっているにも関わらず、口周りはカサカサと乾燥していないでしょうか。これはインナードライによる肌の状態が起きていることを意味しています。あぶらとり紙を使ったり、洗顔料などを使って脂を必死でとっているのにも関わらずテカリが収まらない人は、実は皮脂をとることが乾燥状態を悪化させているかもしれないのです。ますます乾燥状態を悪化させる恐れがあります。テカリがあるからといって必ずしも脂性ではないということは理解しておいたほうがいいでしょう。テカリというのは実際は肌の中で水分油分のバランスが取れずにいる証拠なのかもしれません。

■自分の肌質を理解した上で
このように自分の肌質を間違って理解している人もいるのですが、正しく理解した上で保湿クリームを選びましょう。インナードライの人は、洗顔の方法を変えるだけでも、保湿クリームの種類を変えるだけでも、その肌状態を改善することができます。スキンチェッカーテストを受けてみるのもいいでしょう。ドラッグストアや化粧品販売店などでチェックしてくれるところもありますから、一度試してみて水分のみならず弾力や皮質の多さなどもチェックしてもらうといいかもしれません。それで自分の肌について理解することができたら、その上で選びましょう。

肌の相性を考えずに自分が好きな保湿クリームを使っていても効果は現れません。自分の肌の状態をしっかりと理解する必要があるでしょう。自分の肌の状態が理解できればクリーム選びもスムーズに出来るでしょう。