乾燥肌で困っているなら保湿クリーム選びは慎重に

乾燥肌の悩みを抱えている人は、保湿クリーム選びは重要です。

ここでは乾燥肌の人の保湿クリームの選び方を考えていきましょう。

■そもそも乾燥肌の人は
乾燥肌の人というのは、実は保湿が不足しているから乾燥しているのではありません。その原因はなんでしょうか。それは間違ったスキンケアをしたことによる擦りすぎで肌に負担をかけていたり、洗いすぎて必要な油分までとってしまっていることが原因かもしれません。食事、生活習慣なども乾燥肌の原因としては考えられますので、乾燥肌の人は単純に保湿が足りていないというわけではないということは理解しておいたほうがいいでしょう。

■保湿が足りていないわけではないので
保湿が単純に足りていないわけではありませんから、保湿力がいくら強い化粧品を使ったとしても、例えば生活習慣が乱れている、食生活が乱れている、洗いすぎの場合には、肌はどんどん乾燥していき、健康な状態にはならないことが多いでしょう。この場合、感想を改善しようと思って、いくら保湿力が良い、高いと言われている化粧品を使ったとしても、根本的な原因の解消には繋がりませんので、改善されないのです。この場合は、保湿クリームに頼ることももちろん必要なことかもしれないのですが、スキンケアの中でもクレンジングや洗顔の方法を見直す、また食生活を含めた生活習慣を見直すことがとても重要と言えるでしょう。

■保湿クリームの役割について
保湿クリームを肌につける場合の役割について次は考えてみましょう。保湿というのは、化粧水で水分を与えた上に、乳液やクリームを使って蓋をするという感覚です。それに加えていまは保湿成分をしっかりと肌に届けるということも保湿には欠かせないことになっています。この視点から見てクリームは保湿成分入りの化粧水、美容液、乳液でしっかりとあらかじめ保湿しているのであれば、クリームは必要ないと言えるでしょう。もし美容液や化粧水がさっぱりしたタイプで保湿力が足りないと思ったら保湿クリームで補うという感覚で考えるといいでしょう。肌の保湿力というのは細胞間の脂質が普段は担っていますが、皮脂というのはその中でもたった2パーセント程度ですので、乾燥が気になっている人は、細胞の間の脂質の成分が補われるような製品を選ぶといいのかもしれません。

乾燥肌で悩んでいる人の保湿の考え方はただ保湿力をあげればいいだけではありません。根本的な問題点をしっかりと考えましょう。